Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

明治さんとあさ子さんの発言まとめ

楽しい毎日を日記で綴ります!

結局、お金!

夢や希望は色々あるけど結局仕事をたくさんしてお金を稼ぐしかないのでは。というかそれが最優先じゃないと、「草原でギターを弾きながらのんびりするネオリア充な自分」を妄想しながら生き方を考えるともう仕事が負のものになってしまってあらゆる計画が負の渦に落ちて行く。

 

したいことを優先するのが理想的な生き方だと思ってたけどたぶん違う。するべきことを優先しなくては。

 

ふと書いてて思ったけどネオリア充って結構いい言葉思いついちゃったので適当に定義をまとえめておく。以下思い付き。

 

リア充が「社交的な生活を送っている自分を他人に見せつけるためにスキーに行ったりパーティーをしたりする人たちをシニカルに表現する言葉」だとしてネオリア充とは「趣味や人と違う生き方を人に見せつけるためにギターを練習したりやたらめったら一人旅に出たりする人たちをシニカルに表現する言葉」である。

 

世界一周とか読書とか囲碁とか山登りとかバックパッカーとかバンド活動とか、やたら報告してくる。リア充を見た時の嫉妬に似た感情をわき上がらせる反面、パーティーはしてないし、他人と馴れ合ってつるんでいる印象はない。好きなことを極めて違う世界にいっちゃってる人こそネオリア充である。ノマド生活をブログにするためにノマド時間にブログを書いている人である。

アンチ社交、アンチ社会、いわばリア充の真逆をいきながらなんていうか受ける印象はリア充から受ける印象そのものなのがネオリア充

 

リア充もネオリア充も良い悪いはない。正しく突き進んで行けばきっと何か良い未来に繋がるのだろう。ただそれを他人に見せつけたりそれ以外の生き方を否定し出すともう害悪でしかない。セルフブランディング、承認欲求こそ人をリア充やネオリア充にする根源なのだ。たぶん。

 

僕が思うに社交的な人はリア充じゃない。社交的な人に見られようとするために社交的なことをする人がリア充

ネオリア充もまたしかりで草原でギターを弾くこと自体はネオリア充ではない。それを自撮りしてプロフィール写真にして反応を待ち続ける人がネオリア充である。

 

僕はネオリア充なんだろうな、このままじゃ。

地に足をつけて小さくても毎日少しずつ結果を出していかないと、ただのピーターパン症候群である。

 

初めてキーボードを買ったのが17の時だけど見事に一曲も弾けないし、ギターなんて小さい頃から持ってるけど1曲も弾けないし。

けど部屋に飾ってあるし趣味はギター弾くこととかいっちゃってるし。

特技といえば英語のはずだけど人とコミュニケーションとるのは結局下手なままなのでもうどっかの金持ちエロオヤジのアナルセックススレイブになって、、と思うもののそういう性行為するくらいなら寝たいと思ってしまうのでそれすらできそうにない。

 

カナダのビザが整ったらすぐにでもあっちにいって仕事を見つけたい。

そしてお金をためて次はヨーロッパ遠征。

向こう3年はそんな感じの予定をざっくりと立てています。

というかたぶんもうそれしかない。先にヨーロッパに行くのは若干危険なのだ。なぜなら各国の言語が話せないので仕事がすぐに見つからない、または見つからない可能性が高いから。

だったら言語のわかるカナダで海外暮らしの経験を多少培ってからヨーロッパチャレンジを、と思っているのである。

 

もしくは、ヨーロッパチャレンジをさっさとして当たって砕けてできることに集中できるようにするのもまあ手だ。

ワーホリって期間が決まっているから良い仕事が見つからない可能性が高い。

その上、日本食レストランだのそういうとこで給仕とか若さと勢いが求められる仕事が多いのだ。

もう若くないんだなとつくづく思う。

 

---ね?もうそうなったらお金に集中するしかない。お金を稼げるところで稼いで好きな国に行くっきゃない!

っていうかそのための日本での7年間の仕事だったと思うんだけど、、、後半3年は全然貯金しなかったのは非常に情けない話であります。

「こんな給料じゃ良い洋服が全然買えない!」とか本気で思ってたけど、いま振り返ると色々感覚が麻痺してたなあ。給料ぽんぽん入ってきてたから。

電動歯ブラシなんか買っちゃったり、「一つくらいは持っといて良いよね」とか言いながら使いもしない香水買ったり(使い道がないので時々部屋にシュッてしてクンクン匂い嗅いでます)。

若者諸君、よく考えたらいらないものを充実した毎日を演出するために買ってしまう、これはリア充とネオリア充に共通する症状であるので、どうか気をつけて欲しい。

 

淡々と貯金をして、本当に自分がしたいことに使いたまえ。健闘を祈る。