明治さんとあさ子さんの発言まとめ

楽しい毎日を日記で綴ります!

数日前の愚痴

今日はヤバイ会社をサボって散歩とか友達と喋ったりなんか適当に。

前に書いた下書きをアップしてなかったので数日前の愚痴を今日は投稿します。

 

--

 

このやばい社長の喋り方が実に気に入らない。

何か会話をすると「そんなのこうすればいい!」だの自分の発想のすばらしさを押し付けてくるような物言いなのだ。

 

お国柄かなと最初は思ってたけど、どうも違うみたい。

ただ4人しかいない事務所なのでいまいちその確認ができないというか、他にたくさん人がいれば一人や二人、同じ感じ方の人がいて少しはガス抜きができるんだけど、そうもいかないのできつく感じる事がある。

 

ということでこの間ちょっとした言い争いになった。

 

簡単にまとめるとこんな感じ。

 

ぼく「この件締め切りすぎてるけど、いいの?このイベント参加しないの?」

社長「これね、うん、場所はどこなの?!」

ぼく「四国です」

社長「四国?どこそこは?」

ぼく「南にある島です」

社長「(ふん) 行くならフライトは?!いくらくらい?」←だんだんそういう天才ビジネスマンみたいなキャラクターになってく。

ぼく「三万くらいじゃないですか。」

社長「行くだけじゃなくて周りにある会社に営業かけられるなら行く価値はある!どんな会社があるの?その主催者にそういう会社があるかきいて!」

ぼく「は、はぁ。(電話) もしもし、パンツ屋ですけど、締め切りあとにほんとすみません。あの、どういう人がイベントに来ます?あと四国にある会社のリストとかありませんか?(あるわけない)(あってもイベント主催者がそんなもの提供するわけない)(んだけどこの社長にはそれがわからない)」

主催者「個人情報の問題もありますしかくかくしかじか(困ってる)」

ぼく「社長、そんなリストないですって」

社長「はぁ?そんなこと聞いてない。このイベントの主催者と繋がりのある会社の情報よこせって話。この主催者にはイベント参加費出すんだから情報くらい明かすでしょ!」

ぼく「(締め切りすっぽかしといて何を言ってんだ!)同じ事でしょう!ないよ!ない!」

社長「声をあらげなくていいだろうが!ごちゃごちゃ」

ぼく「ごちゃごちゃー」

社長「ごちゃごちゃー!」

。。。

社長「(涙目)なんでこうなるの!すごく嫌なんだけど!指示出してるだけでしょ?仕事なんだから!」

 

その指示が余りに行き当たりばったりで、八つ当たりと大差ないからこうなるんだよ。

言ってることは間違っちゃいないけど、そんなに苛立つなら日本語と日本のビジネスの流れを覚えてから会社はじめろよと呆れてる。

 

僕も悪いところはある。バイトで仕事を手伝いに来てるんだから指示が馬鹿げてても飲み込まなきゃならない。

だけどバイトで来てるのだ。

 

僕の言い分として、もうちょっと言い方に気をつけてほしいということはその時に伝えて、あとでメールで「こういうピリピリした感じには、もっと前もって話し合えてれば避けられてたと思います。このイベントがあるのは先月から知ってたんだから。」と素直な意見は伝えた。

 

日本でパンツを売るでかい契約をして成功したいみたいだけど、従業員一人に反抗されて涙目になってるようじゃたぶんダメだろうと思う。

 

僕の予想だと破産して自国に逃げ帰るっていうすごく迷惑な外国人エンドになるんじゃないかな。

 

そろそろ本格的に辞める方向で動く出すけど給料が現金払いでしっかりした人事システムもないし契約書もないし間違いなくお金を受け入らなくちゃ。